投稿日:

健康法を実践していただくと

薬で風邪を抑えようとするのは本末転倒です

検査STD検査尿
心臓の筋肉に血液を供給する冠動脈で動脈硬化が進行すると、狭心症や心筋梗塞を起こします。脳の血管で動脈硬化が進行すると、脳梗塞を起こしたり、認知症の原因になったります。コレステロールは、細胞膜やホルモンの材料となる脂質であり、中性脂肪は余分な栄養分を脂質に作り替えて蓄えたもので、いずれも必要不可欠です。コレステロールも中性脂肪ももとは脂質ですから、血液という水分の中では分離してしまうので、リポたんぱくというカプセルに詰めて血液に溶け込ませ、運ばれていきます。そのうち、体の各部分へコレステロ-ルを配達するのがLDL、余分なのを回収してくるのがHDL、それらの合計が総コレステロールです。

健康を害しているのです農作物のエネルギーの根源である土壌生物たちの命をも奪っています

ですから、LDLが多すぎれば血管壁に残されるコレステロールが増えて動脈硬化が進み、HDLが多ければ回収されるコレステロールが増えて、血管壁がきれいになり、動脈硬化が予防されます。それゆえ、HDLを善玉コレステロール、LDLを悪玉コレステロールと呼びます。中性脂肪が血液中に増えると、血液中のLDLが増加し、HDLが減少して、動脈硬化を進行させることになります。症状·原因.症状は初期のうちはほとんどありません。なったりするなどの症状がみられます。

 

病気や生活習慣病は

それによって、からだの細胞が傷つけられてしまうのです。また、白血球が顆粒球過多でリンパ球が減少していると、遺伝子を障害して発がんの原因をつくる活性酸素がふえ、がん細胞がどんどん発生しているにもかかわらず、NK細胞や胸腺外分化細胞の数が減少してはたらきが鈍くなるので、それらを処理しきれなくなってしまうわけです。さらにがん細胞が成長すると免疫力が低下して、顆粒球も含めた白血球全体が少なくなっていきます。健康な人であれば約六000個前後あるのが、がん患者さんの場合、四000個を切ってしまうこともめずらしくありません。がんがどんどん進行すると、さらに低下していきますしかも、健康な人であれば白血球中の三五パーセント程度、11100個のリンパ球であったのが、白血球中の割合も低くなり、三0パーセント以下の一1100個以下になってしまいます。

治療になりませんクロムには
それではいよいよリンパ球はがん細胞と戦う力を失い、がんはさらに勢いを増すことになります。末期がんの患者さんのリンパ球は100個を割ってしまいます。しかし、そんな末期がんの患者さんでも、がんから生還した方がたくさんいます。なかには、抗がん剤や放射線治療など免疫力を極端に落とす従来の医療を受けてきた人たちもいます。白血球のはたらきが落ちていたことを考えると、それらのケースは、NK細胞だけでは説明がつきませんそこで、さらに古い免疫システムであるマクロファージが関与しているのではないかと、私は考えています。

 

薬も睡眠剤ですがほかの

ではなぜプリオンが異常化してしまうのでしょう。BSEが、肉骨粉(食肉処理の過程で得られる肉、皮、骨などの残渣から製造される飼料原料)を含む飼料の流通を通じて広がったことは、これまでの調査で明らかです。農林水産省をはじめとする各国の公共機関は「遺伝的に汚染された肉骨粉」という言い方をしていますが、私にいわせれば、そもそも草食動物である牛に「肉骨粉」という動物性の食物を与えること自体が自然の摂理に反したことだったのです牛に肉骨粉を与えたのも、そもそもは人間の身勝手でした。肉骨粉を与えると、牛のミルクに含まれるタンパク質やカルシウムの量が増加するのです。そして、タンパク質とカルシウムの多い牛乳ほど高く売れるのです。

動脈にたどりついたら治療法です

そして、狩りをしたら、草食動物が食べた植物がエンザイムとともに消化されかけている腸(内臓部分)を真っ先に食べます。これによって肉食動物は草食動物がその胃腸で消化した植物と消化しつつある植物を得ているのです肉食動物は草食動物だけを食べ、草食動物は植物だけを食べる。これが自然の摂理です。この自然の摂理を無視すると、必ずしっぺ返しを受けます。その代表的な例が「BSE(牛海綿状脳症)」です。BSEの原因は、現時点ではまだ完全に解明されていませんが、「プリオン」というタンパクが異常化したことから脳の海綿化が生じることがわかっています。