「オナニー」タグアーカイブ

男子は大赤点コック

デリヘル嬢を探して欲しい愛撫を知る事は無

膣の中の隠しスイッ
本能に流されてしまうのではなく、ぜひ、最後まであなたの想いを伝え続けてあなたはそれだけでセックスみると、のうまい男だと思われるようになります。
女性に喜ばれるセックスができるようになったあなたへこのようなセックスができるようになったら、あなたは女性にセックスのうまい男だと認識されるようになります。彼女や奥さんは喜び、セックスの回数が増え求められるようになるでしょう。もしくはセックスフレンドや愛人を持つこともあるかもしれません。
自信をもって彼女との初めてのセックスに臨むことができるかもしれません。
セックスに自信が出ると女性との接し方も自信が出てきます。すると必然的にセックスの機会は今までより増えてしまうかもしれません。私が身をもって知った、『セックス依存症の恐怖布』について、認識だけはしていておいてほしいと思います。彼女やもっととセックスを求めてきて精神のバランスを崩してしまう可能性はあり得奥さんがもっと、ます。彼女や奥さんもセックス大好きなタイプで、時間やお金や環境の余裕がある場合には注意が必要です。もちろん、少しくらいなら問題ないですし、それくらい素晴らしいセックスであればそれは幸せなことです。あくまで、精神の健康や社会生活に支障が出たりするほど病みつきになって、依存することも絶対にないとは言い切れないとあたまの片隅に入れておいてほしいということです。
これは極端な例ですが、悲しい物語があります。私の友人は心底愛していた彼女を失いました。その理由は、セックス依存症に陥ってうつ病になったうえでの『自殺』でした。彼は、彼女を本当に愛していました。彼女をセックスのたびに何十回もイカセていました。それが、愛情表現だと思って全力で思いを伝えるべく丁寧なセックスをして常にオーガズムに導きました。しかし、彼は脳や依存症やホルモンのことに無知だったので、彼女の精神はおかしくなりました。彼らのセックスはホルモンバランスが崩れる方向にどんどん進んでいきました。
彼も彼女を何とか良い方に導きたいという思いはあったことでしょう。思い届かず、二人は精神的にもボロボロになった挙句、彼女は自ら命を絶ちました…しかし、
人間の脳は、気持ちいいことに依存する性質があります。脳内麻薬と言われる物質ドーパミンの分泌の強烈な快感。快感をつぎつぎと求める自然な心の動き。脳内環境を整え、調整する神経伝達物質のセロトニンが不足すると依存症になりやすいこと。それによりドーパミンの快感が異常に気持ちよくなってしまい、ドーパミンの分泌をもっともっとと求め、暴走し、自律神経のバランスがさらに崩れが依存症が深まっていくこと。気持ちいいことは何でも依存する可能性があります。それは、セックスであっても可能性があります。それを頭の片隅に入れておいてください。
この本は、脳や依存症のテーマではないので詳しく語ることはありませんが、興味がある方やすでにセックスへの依存の自覚がある方は、拙著『オナニー&風俗依存症脱出法』のkindle版をご覧いただければと思います。オナニーも風俗も、セックスもすべて依存症のブロセスとしては一緒です。すべて性依存症セックス依存症といわれるものです。性的快感によるドーパミンの多量分泌に依存している状態ですので、原因を取り除き、問題や環境を見直し、栄養や生活を見直すことで脳内物質のバランスを整えることで依存症から脱出できます。
ただ、誤解の無いように言っておきますが、セックスをガマンしようとか、心を律して禁欲的に生きようとかそういうことではありません。

フェラチオを短く

別に夜の仕事に完全
ガマンせずとも脳内のバランスが整って快感が得られて、セックスの快感に溺れてコントロールを失うことの無いようにすることが目指すべきところです。そして、依存から克服とか脱出とか言う前に『予防』すべきです。セックスもガマンせずに存分に楽しみながら、依存することない脳の状態を作ろうということです。ただ、万一セックス依存症になってしまいそう、精神的にちょっとバランスが崩れそうだと思ったらするアプローチ自体はシンプルです。実は、本当に大事なことは三つしかありません。これだけやっていれば、精神的にも健康になりますし、巻や依存症にもまずなりません。回復と予防の最強アプローチです。1.朝日に当たる

血液の循環を高める

3.良質なたんぱく質を摂るこの三つさえやっていれば精神的にかなり安定します。
具体的なやり方は以下の通りです。1.朝日に当たる朝日には前述の脳内環境を整えるセロトニンの分泌を促す効果があります。うつ病の治療法としても伝統的に行われてきた非常に効果的な方法です。特に日の出の瞬間の朝日は最高で、直接眼球に入れるように20~30秒ほど見つめるとものすごいストレス解消効果があります。2.血液の循環を高める血液の循環のためにはいろいろなアプローチがありますが、運動するのが一番強力です。脳内環境の向上だけでなく、免疫機能のアップなどあらゆる健康効果が期待できます。ストレスを感じない程度に40~50分運動するといいです。もっとやりたい場合は、50分ごとに10分の休憩を取りながらやるのが脳科学的にも効果的です。セロトニンを分泌して脳内環境を改善するためのアプローチとしては、筋トレやウォーキング、ジョギングなどがオススメです。3.良質なたんぱく質を摂るセロトニンの原料はトリプトファンという必須アミノ酸です。
この栄養素が不足しているとどんなに健康的で依存症にならない生活を心がけてもセロトニンは作られることはなく、意味がありません。トリプトファンはたんぱばく質の多いものに含まれています。わたしのお勧めは、味噌、豆腐、納豆、きなこなどの大豆食品です。食物繊維も多く栄養価も素晴らしいです。また、腸内が汚れていると栄養の吸収が悪くなります。どんなに体にいいものを食べても吸収できないのでは意味がありません。ですので、野菜を多く食べたり、キレイな水を多めに飲むことで腸内をキレイにするアブローチが大事です。特に強力なのは、朝起きてすぐにコップ一杯のきれいな水を飲むことです。これが最も重要な三つのアプローチです。
この三つをやっていれば基本的には礎や依存症になることはありません。こういった素敵な習慣を彼女や奥さんと一緒にできたら最高です。セックスの依存にならないだけでセックスでの幸せホルモンの分泌の幸福感は、朝日に当たることでさらに素晴らしい多幸感に包まれます。なく、
私も経験があるのですが、素晴らしいセックスをした後に浴びる朝日は、信じられないほど美しく感動的です。

二○○五年に景観緑セックスしてしまう

もちろんその光の中で輝く彼女はさらに美しいのは言うまでもありません。依存症というネガティブな方向性ではなく、もっと前向きにやる気に満ちて来るのがわかります。また、このような健康的な暮らしで性感がアップするケースも多いです。女性の不感症の大きな原因として、血行不良のケースが非常に多いと言われています。運動などで血液の循環が高まって脳内環境も整うことで、さらに性感が高まり良いセックスができるようになっていきます。セックスをした後は、眠くなりすぎることもありますが、朝きちんと起きて朝日を浴び、運動して栄養や水に気を付けるだけでよりよいサイクルに入っていきます。(ちなみに、男性の射精しすぎもホルモンバランスを崩し、眠気などのトラブルの原因になります)
これらの三点が、『セックスにれて人生を滅ぼす人』と『幸せなセックスをしてどんどん魅力的になる人』の分かれ目です。
セックスは気持ちいいので、脳の健康について無知だとついついたくさんしてしまい、脳内環境が悪化し、依存症や機になり不幸になっていくこともありえます。ですが逆に、きちんとしたホルモンや健康の知識を持ち、脳内の状態を意識して整える意識を持つだけで、セックスに依存することがない健康な心と体でいられます。そして、セックスすればするほど男も女も磨かれ、脳が若返り、活性化し、さらに輝きが増し魅力的になっていけるのです。
これらが、セックスするほど、キレイで魅力的になる極意です。
初セックスは痛いというのも洗脳初めての女性に痛い思いをさせないでください…
処女にまつわるウソとホント一般的に『女性の初セックスは痛い』と言います。
処女喪失ということです。これは常識のように言われていますが、はたして本当にそうなのでしょうか?「初めてのときからメチャメチャ感じた」という女性もたまにいます。これは何が違うのでしょうか?ひとつには、女性の体質などもあるでしょう。後述するように女性のそれまでの生活環境や習慣により痛みを感じにくいことはあり得ます。あとは幼少期からそれまでに持ってきた性に対してのイメージなどの精神的な要因があります。
日本人は性に関して抑圧され、罪悪感を持っているケースなども多いです。ですが、一番多いと考えられる理由は男性がうまかったことではないかと思います。
「処女喪失は痛い、それが当たりまえ」という常識を捨ててもらいたいのです。このパートを読んだら今までの常識が誤りだったと気付くことでしょう。そもそもなぜ処女がセックスすると痛いのでしょう。大きな要因は、二つあります。先ほども言った『精神的な要因』がひとつ。肉体的な要因です。もうひとつは精神的な要因とは、性的な嫌悪感、罪悪感これは多くの場合幼少期から植えつけられます。などです。たとえば、子供のころ女性が親に性的な質問をしたとします。よくある話ですが、セックスってなに?とか(生まれる)の?のような質問をするようなケースです。

男子は大赤点コック

射精することが可能な性

赤ちゃんはどうやって作る多くの日本の親は、性的な抑圧の強い社会の中生きていてそれに疑問もないので、大っぴらに性やセックスの話をすることを嫌悪します。
「そんなことは聞くもんじゃない」
「女の子なんだからそんな話をしちゃダメ」このように大人は答えることが多いです。
もしくは適当な答えをしてはぐらかしますが、ウソに敏感な子供は強く違和感を持ちます。大人の歯切れの悪い態度と、自分はただ質問しただけで何も悪いことをしていないのになぜか非難されたかのような感覚に納得はいきませんが、性的なことは話題にしてはいけないということだけは学びます。多くの場合、こうやって子供も性的に抑圧された日本的な価値観になってしまうのです。性的なことは話しちゃいけない。
興味を持っちゃいけない。そのように考えるようになります。ですが、性欲は人間の根源的な欲求なので、抑えつけられても興味は尽きません。そして思春期になりオナニーをしたりセックスに興味を持ちます。そうやって社会的な抑圧の空気と本人の自然な興味の間で苦しみます。そうやって多くの女性は性に対して嫌悪感や罪悪感と本人も自覚していないジレンマを持つようになります。また、大変残念で怒りを禁じ得ないことですが、幼少期から少女時代、思春期に性犯罪に遭う女性もかなりの数がいます。その被害者は自分は何も悪くないのに、罪悪感を持ち、心に深い傷を負うことになります。このように、何らかの性的嫌悪感があるとそれがストレスになり、体がこわばり、ヴァギナも緊張し男性を受け入れるのが困難になってしまいます。
ゆえに強い痛みを心と体の両面から感じることになるのです。こにれらが代表的な心の要因です。次に肉体的な要因です。一番大きいのは処女膜の存在です。物理的に摩内と外の世界を隔てる膜が摩口にあります。この処女膜は個人差も大きいと言われ、膜の厚さや穴の大きさが異なります。膜と言っても完全に閉じているわけではなく中央に穴が開いています。
また、激しいスポーツやタンポンの使用によって膜が破れてしまうことも多いようで、処女であっても処女膜がないことも珍しくないようです。で、この処女膜ですが、基本的には初のセックスのときに痛みと出血を伴い破れます。この処女膜の存在が、肉体的な面から見た女性の初セックスが痛いことの大きな要因です。処女膜がなければかなり女性の初セックスの肉体的な苦痛は軽減します。何かをヴァギナに入れるという苦痛程度で済みます。初めて、実際、文化の違う国、例えばアメリカなどでは「初めてだからって痛がっていたら相手に失礼だから、処女でも処女膜は拡げておくのがマナー」という考え方もかなり一般的だそうです。処女信仰の根強い日本人からするとカルチャーショックを受けます。

セックスは格段に良

特に初めて同士ならセックスはうまくいかないことも多いですし、相手への思いやりや無駄な悩みを抱えさせないという意味では良い面もある考え方です。アメリカらしい合理的な考え方だと思います。
ですが、ここで考えてみてほしいのですが、スポーツをしたり、タンポンの使用くらいでも処女膜は破れてしまうこともあるのです。ということは、処女というのは心の問題であり、別に処女膜のあるなしは処女性にとって大した問題ではないと私は思います。
そして、処女膜のあるなしが肉体的な苦痛を左右するのです。だったら、我々男性が処女とセックスするときにはいかに初めてのセックスを痛みや苦痛を与えずにするか?も重要だと思います。そもそも、初セックスも気持ちよかったという女性の話を聞くと、彼氏の痛みはあったというケースはやはり多いのです。ことが本当に大好きだったから、痛みは確かにあったけどそれ以上にひとつに結ばれたことがうれしかったというパターンも多いです。そして、別に彼氏のことが大好きでもなかったというケースも多いです。そっちのケースの方が多いかもしれません。その場合当然ただ痛いだけになってしまいます。そのような事態は避けなくてはむしろ、いけません。では、我々男性が処女の女性とセックスするときに、苦痛を与えない初体験をするためにどうするのがいいのでしょうか?それは『ちょっとずつ処女膜を広げる方法』をとるのがベストです。
つまり、初めての性行為は『キスやいちゃいちゃ』中心でとにかくソフトに、性器はクリトリスを触ることくらいまでにします。
とにかく、「痛くない、気持ちいい、罪悪感を持つ必要もない」ということを体で感じてもらうことが重要です。もちろん、処女でない女性とセックスするとき以上にとにかくソフトに愛撫して、優しくするのが重要なのは言うまでもありません。とにかく『安心』がキーワードです。そして、その後は何日かに分けて徐々に処女膜を広げるアプローチをとっていきます。最初は小指からスタートします。それでも痛がる可能性も高いのでその場合は丸くてなめらかな細いものを、彼女に許可を取って入れます。そして何日もかけて徐々にそれを太くしていきます。
指を太くしていき最終的には親指や二本指が入るようにします。このころにはきっと彼女からもペニスを入れてほしいと懇願されることでしょう。性行為やヴァギナに何かを入れることの嫌悪感は無く、気持ちよいので入れてほしいと願うようになります。そこまでになって初めてペニスを挿入します。
こうすることで、初セックスなのに全く痛みがなく、きっと女性は心も体もつながった満足感に満たされることでしょう。ここでのポイントも焦らしです。何日かかけての焦らしをすることで精神的にも快感を高め、ヴァギナを広げるこにとで苦痛も取り除かれます。このような方法で初セックスを行うのが私は理想だと思っています。


川崎ソープ

デリヘル嬢なら爪の長くて歯クソのついた男のアソコをなめたいだろう

女性に不要な痛みや苦痛を与えないセックスです。女性にとっての初セックスはその後の性生活を決める重要な要素です。初めてのセックスが痛くて苦痛だったからセックスが嫌いになったという女性は本当に多いものです。男性の配慮不足や、知識不足、自分勝手でセックス嫌いな女性が一人増えてしまうのは残念なにとです。そうでないとしても、『初セックスや処女喪失は痛くて当たり前』という誤った認識と誤解が蔓延しているのも残念です。
アメリカだったらそうとも限らないというさっきの例も思い出してください。日本の常識なんて世界の非常識かもしれないのです。
初セックスは、我々が思い込んでいるように必ずしも痛いとは限らないと考えましょう。これが達成出来たら、きっと彼女はあなたから離れれなくなります。また、よく処女は面倒くさいという男性の意見も聞きます。それは、こういった状態で女性があなたに夢中になったり、あなたの存在が大きくなること、あとは時間をかけて痛くしないセックスをする必要があることなどを総合してのことかもしれません。
今の世の中の初セックスは痛いものという世間の常識は長年の慣習で男性たちに都合のいいように出来上がったものだとも考えられます。一日でパッパと終わらせて男性はスッキリし、女性が痛くても関ゆえに、係ないというスタンスだからです。男性の欲望にとっては都合がいいです。ただ、中には「別に痛くてもなんでもいいし誰すぐに処女を捨てたい」という女性もいることでしょう。この辺は女性の見極めが大事です。でもいいから、痛いのを望んでいる訳でないのに痛くされる女性が多すぎることについての意見でした。選択肢という意味で、「時間をかけても、痛くしない初セックス」もあったほうがいいのは間違いありません。
「狙った女性はドライブに誘えば落とせる」
こういった情報は、昔から男性がよく読む専門誌やナンパマニュアルの本に書かれていたものだ。だが、これは真実。
もちろん、車の中は二人っきりになれるから、じっくりと口説くことができるからと言う効果もあるが、どうやら、車は乗っているだけで、女性がシタくなってくる乗り物らしい。実は、女性のカラダには規則的に感じる刺激に反応しやすい習性が運転中の車の中に伝わるリズミカルな振動は、女性にとって非常に心地よい性刺激になるというわけだ。ある。運転中の車の振動で女性が感じてきた頃に、それとなくいい雰囲気を作っていくことができれば、いままでホテルに行くことを嫌がっていた女性も感嘆に誘うことができるかもしれない。また、自分が運転好きな女性は、車の振動の刺激に敏感な女性である確率が高い。することがまた、ブレーキをかけたときに起こる慣性が、女性に軽い圧迫を感じさせて、その刺激が子宮に響いて直接性感帯を刺激されているかのような気分にさせるという説もある。よくジェットコースターが急降下するときのあの胸がキューンとなる刺激は、男性にとっても性的刺激になることがある。ドライブだけでいい感じに性感帯を刺激される女性がいるのもわかることと思う。
の血液型でセックスのタイプが違う?

      セックスは気持ち
      セックスのたびにそんな体験をする女性もいればただアソコが勃たない
      セックスの話をすることを嫌悪します