「ファッションヘルス」カテゴリーアーカイブ

セックスをしているからだろう

射精時には精液の通

彼女もそれにつて動
その横の部屋には応接間のようになっていて、そこが女の子の待機場になっていた。まずはじめてやった仕事が、女の子の通常デリバックつくりである。デリバックというのは、女の子が接客にいくための仕事バックを作る。中に入れるものは、ローション、イソジン、リステリン、消毒用のボーディーソープ、コップ、コンドーム、アンケートを入れる作業をした。最初に容器に液体関係を入れて、水滴をふき取っていれる。デリバックを作る作業が終わったら、屋根裏にあがってコロコロを使って掃除をする。布団が三つぐらいしけるスペースで1メートルぐらいで頭がぶつかる場所を腰を曲げながら掃除をした。掃除が一通り終わったら、女の子やお客さんのホテルの案内のため場所を把握しないといけないので地図をもってブラブラとまわった。
私は数ヶ月ぶりの雇われ労働に疲れたので近くで食べにいったのだろう。サボり癖がでてきた。こっそりとノンアルコールのカクテルを飲みながらまわろうと思った矢先に渋谷モンキーの小森が歩いていた。
たぶん、夕飯でも
私は手に地図をもちながら「今ホテルの場所を確認しながらまわっているんです」!と言われただけだった。あ、というとそうよく、この界隈にある30分6000円の早朝ヘルスにいっていたので、見慣れた場所なので、そこまでまわる必要はなかったが時間稼ぎためまわる。ダラダラとゆっくりとまわって終わったので渋谷ファンキーに戻った。
「デリバックと屋根裏の掃除、ホテルの場所を把握をしてきました」植本に「あ!そう。じゃあ、座っといて」と言われ座ってボケッとしていた。
「大体、一週間ぐらいは暇ですよ」と、いきなり敬語で使われ「はい。煙草をプカプカ吸うから、減煙家としては気分が悪い。
しかし、雇っていただいている身だ分かりました」と答える。から、文句はいえない。こういう職場だったら、いつもだったら辞めているが、もう貯蓄がパンク寸前で、次に面接にいった先に雇ってくれるか全く分からない。即金までの道のりが遠のくばかりなので我慢する。お店は7時ぐらいで受付終了になるが、女の子のシフトが早めのあがりであれば店も早く締める形にっている。朝5時ぐらいになったら店長の長村が話しかけてくれた。基本、渋谷ファンキーは店長の長村と植本で夜は回っている。金田くん~はいとカウンター越しの受付にいく。前にやってたんだって?「まあ、やっていたといっても中国エステですよ」
「そうなんだー。給料の受け渡しについて聞いてないんだって」

何も聞いてませんはい。
「最初の一ヶ月は日払いはできる。それからは月末締めの1日払いね。最初のうちは掃除と案内をメインにやってもらうから」
「わかりました。ありがとうございます」と言って終わった。受付終了して帰り支度ができた子は、渋谷モンキーの待機場所から歩いて3分の渋谷ファンキーに女の子達がゾクゾクと店長の長村のところに給料をもらうためにやってくる。給料を受け取り、お疲れさまでしたとかえって女の子の一日が終わる。私の初日の仕事は、ここからがメインである。お店の受付が終了したら、渋谷ファンキーでローションなどの液体関係の補充、トイレ、床、ゴミ掃除をする。
そして渋谷モンキーの待機にいき、女の子の待や小森が座っていたデスク、トイレの掃除。デリバックに入れるものを入れて作って女の子がいつでもとりやすくしておく。それが全て終了してちょうど9時ぐらいで12時間労働が終了した。責任感が強い仕事はないので肉体的に疲れた。終了した後は自転車で隣町の自宅にかえった。約一ヶ月が経過…最初の一週間ぐらいは、店長や上司の植本も非常に冷たく、どうせすぐに辞めるだろという態度でみていたのだと思う。なぜならば、この業界はすぐに飛んでしまう人が多いからである。ここで、この渋谷ファンキーのお客さんの窓口がある。

の最近、ラブホテルに回転ベッドがなくなっている本当の理由?
メリーゴーラウンドのようにセックス中にベッドが回って、官能的な空間を演出してくれる回転ベッド。ラブホテルの名物とも言えるこのベッドガス型を消してからかなりの年月がたつ。なぜ回転ベッドは全国各地のホテルから姿を消してしまったのだろうか?故障が多くて維持費がかかるから導入を見合わせるようになった?利用客に飽きられて姿を消した?こう思うかもしれないがこれは間違い。実は、回転ベッドは1985年に施工された新風営法によって、ラブホテルに設置することを禁止されてしまったのだ。
そもそも、ホテルは休息·就寝する場所であり、回転ベッドはベッドとしては認められておらず、休息·就寝する場所にはふさわしくないモノといのが、当時のお役人さんたちの見解。だが、コッンているホテルも探せばあるので、インターネットなどで情報検索してみて回転ドに寝てみよう。

の飛田新地のちょんの間は風俗店ではない?
「大阪の風俗産業の発展を阻んでいるのは、ちょんの間こと飛田新地といっても過言ではない」ととある風俗紙は書いていた。プレイ時間は短いが、本番ができて、さらに飛田にいる女性はなぜか絶世に美人が多い。
せっかく合法的に店を営業していたとしても、ある飛田に足が向いてしまうというもの。関西の風俗業者はそんなジレンマを抱えてしまっているようだ。近所に極上美人が抱ける裏風俗地帯があったら、世のオトコたちは旧赤線地帯で飛田新地にあるちょんの間は業種で分類するとなにになるのか?
さて、実はこの地域でエッチなサービスを提供している店は料亭だ。店先で怪しいくれるという解釈だ。ネオンに照照らされているお姉さんたちは、料亭の仲居さんということになる。料金を払って店にはいると、その仲居さんがお相手をしてなぜそこからエッチができてしまうかというと、飛田新地もソープランドと共通した解釈で、お客さんと仲居さんが一緒の時間を過ごしているうちに恋愛感情が芽生えてしまい、思わずそこでまったというもの。
エッチな行為をしてしそんな解釈で営業ができるなら、美容院でも銭湯でもそういうサービスをしてしまう店が現れそうなものだが·..
渋谷のヘルスのボーイで働くきっかけ…2012年3月31日。桜が結麗に咲きはじめお花見シーズに到来といった初春。33歳も残り半年になった。コールセンターの短期契約のバイトが終了して無職となる。他のバイトを探しても面接で落ち疲れた果てていた。それ以降の食い口は不要品をオークションで売ること。しかし、それだけでは食えないので、貯金をくい崩しながら生活をする。2012年の8月が終わる頃には貯金を食いつぶす。年内には借金生活に突入がみえてきた。これは、ヤバイ……10月には家賃の更新も待っている。
それとダブルパンチの如く、2年八ヶ月交際した彼女と別れて1年が過ぎようとしていた時期に今だに好きで引きずっていた元彼女はできちゃった婚で籍を入れた。
奇跡を信じた復縁も絶望的に終わって悲しみにひたっていたが、とりあえず生活費を稼がないといきていけない…とにかく即金が欲しかった。不要品販売だけでは限界がある…。ドカン○というナイト産業やアングラな職業が掲載されている求人誌で職を探す。まずは、数年前までやっていた出会い系サイトのサクラバイトの面接希望で電話をするが年齢制限があり落とさされる。そこで25歳の冬に数ヶ月やたことがある、風俗情報館の面接のため渋谷にいく。奥に通されて担当者の丸井は煙草を吸いながらいう。
「今、うちは一杯なんですよ。でも取引先の、キャバクラかヘルスなら紹介できますよ」と言われた。最初はキャバクラにつれていかれて面接をする。

愛撫が夢見心地人妻潮吹きを経験

一日13時間勤務で週に一回休みと言われるし何せ20代ぐらいのボーイがいたので年下に使われるのが嫌。から、断る…一日でも早く働かないと貯金を食いつぶして借金生活になる。その事に対して非常に恐怖感を感じてビクビクする。
「早くお金を稼がないと、一日でも早く即金が欲しい」と。風俗情報館の担当者の丸井に頼む。ヘルスのボーイの面接をさせて、いただけないでしょうか?
分かりましたそれでは面接の予約をとってご連絡をさせて頂きます。
渋谷のホテヘルの面接…そして、面接が決まり、その日を迎えた。て、渋谷の百軒店商店街という風俗店ぶ地域の雑居ビルの2階に入った。

待ち合

情報

ラブホテルそれでは、私はここでと丸井は去っていく。バーカウンターのような場所があり、そこには46歳ぐらいの頭が薄い下坂という店員が笑顔で迎えてくれた。
「担当者がくるので奥で待っててください」と低姿勢で言われる。壁は煙草のヤニで真黄色になっている。カーテンで仕切られた奥の部屋に通される。私は緊張して何も話せないと思ったので一缶、発泡酒を入れていった。
膜想をして待つ。いい気持ちになっていたせいか奥深探い意識にはいってしまった。目を膜って、すると、遠くから声が聞こえてきた。
すみませーんすみませーん私はバッと目をあけた。そこには、プロレスラーの蝶野ににた色黒の男、山下がたっていた。笑顔で「寝てたでしょと笑顔でいってきた。?」いや、寝てません。と笑ってごまかした。お互いに笑顔になる。そして履歴書を出して面接がはじまる。経験はあるの?「履歴書をみてのとおり、昔中国エステの店長をやっていました」あ!そうですか
「勤務時間は21時~9時で、週に6日の週に一回休みだけど大丈夫?」はい。だいじょうぶですとにかく早く働きたかった「日中は21時~9時で一万円です。
日払いもできますけど、どうしますか?」
「はい。ぜひ、お願いいたします」
「それでは、合否が決まりましたらお電話させて頂きます」と言われて店の前までおくってくれた。4月から8月終わりまで働いてなかったので一刻も早く働きたかった。とにかく便所掃除でも何でも良いから働きたかった。あと、女を扱う仕事を通して女性の扱いがうまくなりたかった。翌日電話がきて「明日21時にお店にきてください。服装はスーツでお願いします」といわれ採用になった。色々とバイトが不採用になって、とにかく働けることが嬉しかった。

33歳で渋谷のヘルスのボーイデビュー!渋谷の百軒店という場所は新宿でいけば小さい歌舞伎町みたいな所である。ラブホテル、ハーブ店、アダルトグッズショップ、風俗店、キャバクラがなどが立ち並ぶ界隈である。その雑居ビルの一角にある。店舗型のヘルスではなく、一度お店で受付をして、この界隈のホテルにお客さんは先に入る。そして、女の子が到着してお金をもらいサービスをするという流れである。同時受付でデリヘルも受けている。デリヘルは65分以上から受付できる。東京23区は基本受け付けている。料金体系は40分:12000円50分:13000円65分:18000円80分:22000円100分:27000円120分:30000円180分:44000円300分:76000円以降は3000円増しである。

風俗体験取材漫画


デリヘル店に行っち股間には強烈な太男子は大赤点コック17時
渋谷界隈のホテヘルで言えば、中級店といえるところだろうか。女の子の質は、可愛い系から背が高いモデル系もしっかりとしていた。女の子は全く同じだが、デリヘル専用の渋谷モンキーと、雑居ビルで受付する渋谷ファンキーの二つを運営していた。私は、渋谷ファンキーに所属になった。9月上旬の残暑が厳しい昼間は短パンとTシャツで十分な暑さが残る夜。21時にいく。お店にいくと、当然の如く、いらっしゃいませと言われた。
「今日から勤務する事になった金田と申します」
「あー今日からね。じゃあ、荷物をここに入れて、ちょっと座って待ってて」と言われた。カウンターごしの受付で横にカーテンを仕切り待合所のような感じになっているが、そこに二台のパソコンをおいてスタッフが作業をする。女の子の待機場所は、デリヘル専用の渋谷モンキーと同じ場所か、近くの漫画喫茶である。
両方にも行きたくないというか、特例で3人くぐらいは、この待合所のようなところに座っている。この待合室のようなところに座って何もすることなく待つ。煙草を毛嫌いする私にとっては非常に苦しい空間だった。ボーイもそこにいる数人の女の子もパカパカ吸う。すると、43歳の前が薄くなった植本というオヤジが電話が空いたらしく指示を出してきた。えっと、どこまで聞いた?オレは、どこまで聞いているか知らないけど渋谷モンキー渋谷ファンキーの違いとか聞いたかな?いや、分からないです。「あ、そうー。まあ、徐々に分かってくるよ」じゃあ、行こうと外に出さされた。
行った場所は、歩いて3分ぐらいのデリヘル専用の渋谷モンキーである。上にあがると机が3つ並んでいた。その机の上に、ロン毛で髭をはやした小森がパソコンを打ちながら仕事をしていた。扉をあけたらすぐに階段になっていて植本が小森にいう。
「今日から入った、新人の金田君です」あ、よろしくお願いしますと私がいうと、しっかりとした声で小森がよろしくね!と答えた。

渋谷の百軒店商店街という風俗店風俗に決まってるんだセックスするとは言

その横の部屋には応接間のようになっていて、そこが女の子の待機場になっていた。まずはじめてやった仕事が、女の子の通常デリバックつくりである。デリバックというのは、女の子が接客にいくための仕事バックを作る。中に入れるものは、ローション、イソジン、リステリン、消毒用のボーディーソープ、コップ、コンドーム、アンケートを入れる作業をした。最初に容器に液体関係を入れて、水滴をふき取っていれる。デリバックを作る作業が終わったら、屋根裏にあがってコロコロを使って掃除をする。布団が三つぐらいしけるスペースで1メートルぐらいで頭がぶつかる場所を腰を曲げながら掃除をした。掃除が一通り終わったら、女の子やお客さんのホテルの案内のため場所を把握しないといけないので地図をもってブラブラとまわった。
私は数ヶ月ぶりの雇われ労働に疲れたので近くで食べにいったのだろう。サボり癖がでてきた。こっそりとノンアルコールのカクテルを飲みながらまわろうと思った矢先に渋谷モンキーの小森が歩いていた。
たぶん、夕飯でも
私は手に地図をもちながら「今ホテルの場所を確認しながらまわっているんです」!と言われただけだった。あ、というとそうよく、この界隈にある30分6000円の早朝ヘルスにいっていたので、見慣れた場所なので、そこまでまわる必要はなかったが時間稼ぎためまわる。ダラダラとゆっくりとまわって終わったので渋谷ファンキーに戻った。
「デリバックと屋根裏の掃除、ホテルの場所を把握をしてきました」植本に「あ!そう。じゃあ、座っといて」と言われ座ってボケッとしていた。
「大体、一週間ぐらいは暇ですよ」と、いきなり敬語で使われ「はい。煙草をプカプカ吸うから、減煙家としては気分が悪い。
しかし、雇っていただいている身だ分かりました」と答える。から、文句はいえない。こういう職場だったら、いつもだったら辞めているが、もう貯蓄がパンク寸前で、次に面接にいった先に雇ってくれるか全く分からない。即金までの道のりが遠のくばかりなので我慢する。お店は7時ぐらいで受付終了になるが、女の子のシフトが早めのあがりであれば店も早く締める形にっている。朝5時ぐらいになったら店長の長村が話しかけてくれた。基本、渋谷ファンキーは店長の長村と植本で夜は回っている。金田くん~はいとカウンター越しの受付にいく。前にやってたんだって?「まあ、やっていたといっても中国エステですよ」
「そうなんだー。給料の受け渡しについて聞いてないんだって」

何も聞いてませんはい。
「最初の一ヶ月は日払いはできる。それからは月末締めの1日払いね。最初のうちは掃除と案内をメインにやってもらうから」
「わかりました。ありがとうございます」と言って終わった。受付終了して帰り支度ができた子は、渋谷モンキーの待機場所から歩いて3分の渋谷ファンキーに女の子達がゾクゾクと店長の長村のところに給料をもらうためにやってくる。給料を受け取り、お疲れさまでしたとかえって女の子の一日が終わる。私の初日の仕事は、ここからがメインである。お店の受付が終了したら、渋谷ファンキーでローションなどの液体関係の補充、トイレ、床、ゴミ掃除をする。
そして渋谷モンキーの待機にいき、女の子の待や小森が座っていたデスク、トイレの掃除。デリバックに入れるものを入れて作って女の子がいつでもとりやすくしておく。それが全て終了してちょうど9時ぐらいで12時間労働が終了した。責任感が強い仕事はないので肉体的に疲れた。終了した後は自転車で隣町の自宅にかえった。約一ヶ月が経過…最初の一週間ぐらいは、店長や上司の植本も非常に冷たく、どうせすぐに辞めるだろという態度でみていたのだと思う。なぜならば、この業界はすぐに飛んでしまう人が多いからである。ここで、この渋谷ファンキーのお客さんの窓口がある。

命じられた通りにデリヘル嬢は乳首を触る


セックスが苦手な女

渋谷雑居ビルの店頭、情報館、キャッチ、ネットをみたと電話、デリヘル。色々なところで同時受付をして回転率をあげてビジネスがまわっている。掃除と女の子のホテルへの誘導、客引きがつれてきた客を客引きの案内所ホテルに誘導してホテル名、部屋番号、女の子の名前と分数をメールする。やるといったら、に迎えにいき、メールの文面はこんな感じである。→女の子の名前と時間あい50新規田中=→新規か本指名か(本指名だと料金があと何かあったときのため、あがるから)偽名でも良いのでと名前を聞く。ホテル名101→渋谷界隈のホテルの名前部屋番号これをみて、店長が女の子に電話をしてホテルまで行かせる。受付にお客さんがきたら、フロントの前にたって、途中で女の子がきたり、イレギュラーなことが起こらないように見張っておく。メールもチャット方式になっており5人で共有できる形で送受信されている。
あとは、先輩や女の子の買出しなど雑用である。
週6回を辞めた…9月上旬からはいって11月の中旬で限界がきた。週に6回12時間は時間的に余裕もない。職場にいけば、大嫌いな煙草の煙にまみれながらの12時間。ベテランな女どもには陰で馬鹿にされてカス扱いされる。嫌だ。電話もとれないので、内情をしらないほかの46歳の下坂には何のためにここにいるんだ!と冗談かどうか分からないがもう、言われる。オレだって、お店の役にたちたいんだよ
もう精神的にも肉体的にも疲れて自暴自棄になっていた。風俗情報館にお客さんを呼びに行く際にはポケットに手を突っ込んで、お店につれてきたら、「こいつ、ポケットに手を突っ込ん店長にでムカついた」と言われる始末。
家にかえったら全身に煙草のにおいが染みついていて、Yシャツやカバンには煙草の煙が染みついていて仕事から帰った気がしない。移動などを含めて13時間は仕事である。薬は飲んでいるが睡眠もしっかりととれない。10月下旬頃に風邪を引くと、休んだら罰金二万円なのでやすめないし信用を失う。仕事にくれば、煙草の煙まみれで、それに耐えるしかない。はっきり言って地獄だった。風邪を完全に完治まで約3週間かかった。2017年1月現在では、2日ぐらいで治る。煙草と睡眠不足の環境が悪かったんだと今振り返ると思う。
よほど、その時期ぐらいから、もういいよ。辞めようと思った。仕事が終わってから朝行く…11月中旬、すぐに辞めたかった。もう、煙草臭い環境や女にイビラレタリ、変な酔っ払いの客に婿を売って12時間クタクタに1万円をえることが辛かった。働き、
朝9時に起きて、近くの牛井屋で牛井を食べながらビンビールを飲んで、10時ぐらいになってお店に向かった。早番が休みだったので社長の内田が代役でフロントに入っていた。私がいったらビックリした。どうした!と言われて話して辞めさせてくださいと伝えた。

がごくまれにピンサ

もう精神、肉体的に辛かったのと12月はモノが売れるので、オークションのビジネスに専念しようと思った。レギュラーという責任、性格が悪い女や客への対応に、煙草の煙にストレスを感じていた。1万円を12時間で割ると、833円である。このために12月の繁盛期を逃したくないと思った。
もう、人手不足のため週に2、3回を出動…社長のほうから、人がいないから週に2、3回は出て欲しいといわれたので、私も正直オークションだけで生活するのは怖かったので快く了承をして2014年の5月まで週に2.3回は出勤をさせてもらった。

女の子はどうやって入るのか

?普通に可愛い子や学生の子が風俗嬢になります。今の時代、
もしくは、シングルマザーなどお金に困っている女の子が多かったです。ブランド品大好きのホスト通いの子などもいました。
女性専用の求人誌やお店に女性スタッフ募集なんて求人を出しても入ってきません。99%はスカウト経由です。何社もスカウト会社と契約しており、そこから2日に一回のペースで面接を受けて、予定があえば、その日に体験入店をしてお店を決めるという流れです。稼げるか?です。と呼ばれて、お客さんがつかなくても給料が保障されている子はいますが例外です。一番は保障ちゃんと出勤するば、コンスタントにお客さんがついて稼稼げる店を選びます。スカウト会社の取り分は、その入れた女の子が接客した金額の10%~15%が印税として支払われます。例えば、A子ちゃんが一人接客しました。2万円お客さんが使いました。
すると、スカウト会社や契約しているスカウトには、2000円から3000円を持っていかれます。女の子の入れ替わりが激しい業界で、補充をし続けないと売上げが安定しません。取り分は高額です、

実際にヘルスで○番はあるのか?

正直いえばあります。これは女の子次第であります。あと本人によっての値段と延長してくれたら的な交渉です。新人の譲には、常連客を格安でつけて内容を確認させることが多いです。そのときのプレイややり取りは従業員に筒抜けにされてお店の内部ページに記載されます。あれのほうはアリでしたとか。あとは数回通えば、女の子も情がはいってOKする場合もあるとか。

風俗を最安値で遊ぶ方法とは?

まずは店の看板をみて、そのまま飛び込むと損します。これは、絶対にやってはいけません。まずはネット検索で最安値を探して「○○○をみてお電話させて頂きました」と値段を確認していって下さい。ぴゅあらばシティヘブンネットフーゾクDX風俗じゃぱんマンゾクデリヘルじゃぱんデリヘルタウンデリヘルシティなど、ネット検索するば新規様は通常より数千円安く遊ぶことができます。
急ぎじゃなければ、メルマガに登録して
おくのもあります。もちろん、携帯やメインで使うアドレスに頻繁に来られるとウザイので、フリーアドレスなど1つ作って、そこに色々なお店のメルマガを受信するようにすれば良いと思います。

どういう女性が店外できそうか?

これはキャバクラ、セクキャバ、風俗も全く同じです。週4以上をお店にでている子は、お客を仕事としかみてないので諦めたほうが無難です。(お金)狙い目は、週に1回か2回しかこない子が良いです。なぜならば、そこで働いている仕事はあくまでも副業なので、メインがあります。
彼氏がいない子は出会いに期待している子もいます。感じが良い人と縁をもてば仕事以外でもあってくれる可能性は非常に高いです。


男子は大赤点コック 下着がまた濡れてい 風俗で股間を見つめ