フェラチオを短く

風俗嬢に報われぬ恋

もちろん中には1時間以上を望むという女性もいますが、この場合、ずっとピストン運動をしているわけではないようです。
「動かないで抱き合ったままじっとしている」
「キスしながら、いろいろ話をする」など、快感を得るためというよりも心身ともにより密なコミュニケーションをとりたいという欲求が強いようです。
私がリサーチしたところ、的に挿入時間が0分を超えると女性は辛い痛いと感じる場合が多いようです。これは体位によっては腰に負担がかかったり、時間が経つとどうしても愛液の分泌が減ってくるために起こる現象。中には「早漏よりも遅漏のほうが辛い!」と告白したくれた女性もいました。医学的にも早漏より遅漏のほうが改善が難しいとされていますので早漏のあなたはそう悲観することはありません。
早漏をコンプレックスに感じている人の多くは、初体験で苦い想いをしているケースが多いようです。もしかしたら、あなたもそうかもしれませんね。えつ、もう?素直な驚き「·.·大丈夫。気持ち良かったよ」(慰め)早すぎ!怒りやなじり女性の味方をするわけではありませんが、彼女たちもどう反応して良いかわからなかったのだと思います。でも男性に任せていればセックスはスムーズにいく·.:そんな甘えが私たち女性の心のどこかにあることが、男性のあなたに要らないプレッシャーをかけているのは反省すべき点ですよね。
愛する人とセックスを満喫したいと願っているのは女性も同じこと。早漏は二人のセックスの仕方を見直し、より高度なセックスをする能力を身につけるために与えられたチャンスと考えましょう。

ペニスはそもそも刺激に弱いもの

日本で行われた最近の早漏に関する研究の結果によると、同一女性が手指によって陰茎に刺激を与えたところ、刺激開始から射精までの時間は平均156.5+80.7秒5から470秒であったと報告されている。つまりペニスはこれほど刺激に弱く、短時間で射精に至るものなのだ。腔内に挿入するや否や激しくビストン運動をしては早くイって当たり前。早漏を改善するにはまずセックスのスタイルを見直す必要があるというわけだ。
男の快感、女の快感…似ている点と違う点普段はどんなにカッコつけていてもおすまししていても、セックスにおいては気持ちよくなりたい!という、ただ一点の欲望にとりつかれて男も女も行動します。

風俗嬢の乳首に見立てて唇を尖

でも、ちょっと待って!男のあなたの気持ちいいと女の私たちの気持ちいいは、ちょっと違ったりするんです。というか、似ている部分もあれば決定的に違う部分もあると言ったほうが正しいかもしれません。性感帯について比較すると男性はであるのに対し、女性はであると言えます。極端に言えば男性はペニスに性感帯の9割が集中しているのですが、女性の場合は全身のあらゆる場所に性感帯が存在していると考えてください。
もちろん、男の人でも乳首や首筋などが敏感な人もいますし、そこを愛撫されて何も感じないわけではありません。でもそれは性的快感というよりも、くすぐったさのほうが勝りどうしても愛撫して欲しい!とまでは思わないのです。一方の女性は、全身の中でくすぐったさを感じる部位が性感帯と重なります。手のひらや足の裏、酸の下、わき腹、太もも、首すじ·..好き嫌いや感じ方の強弱はあれ、ここを撫でられたり舌で砥められたりすると、くすぐったさと同時に身をよじるような快感がじわじわ溢れてくるのです。
特に男性のあなたに知ってもらいたい、性器に次ぐ3大快感スポットは乳首·唇·耳の穴。ここは単なる皮膚ではなく毛細血管の集合する場所なので、刺激を与えると血液が集まってきてより敏感になります。ふわっと体も熱さを帯びて、そんな女性の変化にあなたも興奮を覚えることでしょう。なぜこうした性感の差が生れたかというと、人間のルーツに遡ります。そう、人間はもともとサルの一種であり動物です。サルは野生の動物の中ではそれほど体も大きくありませんし強い存在ではありません。ですからオスはなるべく早く交尾を済ませてメスから離れ、外敵から集団を守る体勢に戻らなければなりません。
そのためぺニスに快感を集中させ早く射精できるようにし、射精すると一気に快感が引くようにつくられた..という説がありますつまり生物学的に言えば早漏もオスの本能としては当たり前のことなのです。これに対しメスはオスに守ってもらう存在ですから、快感を十分に堪能できるようになっています。俗説ですが、出産という苦しみを味わう代わりに、セックスの際に男性よりも深く長い快感を味わえるように神様が配慮した·..なんて話もあります。いずれにしても性器の形状と同様、性感についても男女差はれっきとしてあるのだとまず理解してください。ただ似ている点もあります。それは性器の感じ方。見た目は凹凸で異なる形状をしていますが、実は男性器は女性器に置き換えてとらえることができるんです。·クリトリス=亀頭·サオの裏スジ=性器の割れ目·陰嚢=大陰唇·会陰=アナルざっと、こんな感じでしょうか。

  • 風俗ラやパブなど
  • セックスを通して自分の価値女性らしさや男性挿入になります
  • 風俗店は朝から夜中までやっている

射精しそうになった時

たとえば亀頭を口に含みながら、サオやタマタマを愛撫されたらいかがですか?早漏のあなただったら思わずイキそう!になってしまうのでは?同じように女性もクリトリスを吸われながら、ヴァギナ全体を手で愛撫されたりしたら:ものすごく気持ちいいん
ペニスの裏スジをそっと撫でられたり舌を這わせられたりするのも、快感がありますよね。女性も割れ目をそ~っと上下にさすられたり、クンニされたりするのは大好きです。
このように自分の気持ちいい!ポイントをひとつずつ置き換えていくと、どうすれば女性が気持ちいいかわかってくるはず。同じように、女性が意外とわかっていない男性の性感帯についても同じように置き換えて教えてあげましょう。すると彼女もあなたの性感帯を理解しやすくなり、お互いのセックスの質が飛躍的に向上します。あ、でも前戯の段階であまり気持ちよくなりすぎては肝心の挿入までペニスが持ちませんから、ほどほどにしてくださこの項をしっかり頭に入れるだけでも、あなたのセックスは以前よりずっと見違えるはずですよ!

こころ

からだは切り離せないセックスで感じるということを意味する言葉にはオーガズムエクスタシーがある。
この二つはどう違うのか?一般的にオーガズムとは肉体的な性の絶頂を指す。男性なら射精、女性ならペニス挿入時の隆の快感といったところ。それに対しエクスタシーは、好きな人とのセックスにより心理的に忘我の境地に達することを指すようだ。つまり「愛する人とこんなに近くで触れ合っている」という悦惚感が快感につながるというわけ。ょく男性の浮気の言い訳としてこころからだは別なんてことを言うけれど、厳密に言えばそんなことはあり得ない。たとえば相談者の中にこんな人がよくいる。
早漏を治そうと風俗に通ってトレーニングしたのですが、いざ好きな女性とセックスという場面では、やっぱりコントロール不能になってしまうんです当然だと僕は思う。相手を好きだと思うから気持ちよさは何倍にもなり早くイってしまう。たとえ違う女性のからだを借りて訓練したとしても、それはまったく意味がない。それなら好きな女性の協力を得て、射精コントロール能力を磨くほうがよっぽど効果が期待できる。
「好きな女性の前で恥をかきたくないから、密かに治そうと思っているんじゃないか!」そんな反論が聞こえてきそうだが、まずその考え方から変えたほうがいい。
挿入が短時間でも女性が満足するセックスの仕方はいくらでもある。【克服の魔法4】参照大事なのは愛情と気配り。それさえ忘れなければ、早漏が原因で愛する人との仲が壊れるなんてことはあり得ないのだ。
セックスで同時にイクために必要なこと実際にセックスを何度か経験するとわかるかもしれませんが、男と女が一緒にイクのは結構難しいものですと言っても、この悩みを抱えているのは、むしろ女性のほうが多いかもしれませんね。男性は射精というわかりやすいゴールがあるので、イッたことが傍目にも明らかですが、女性の場合はどうでしょ正直彼女がイッたかどうかは自己申告してくれる以外、男性のあなたには判断方法がないのではありませんか?

男を見下したよう
愛撫女子の身体の下セックスする機会を逃してきただけなんです
あなたが早漏の場合は「彼女をイカせる前に自分がイってしまった」という明らかな結果として見えるかもしれませんが、特に早漏に悩んでいない男性の場合、もしかしたら女性が男性のタイミングに合わせて「フェイクイッたふり」しているのをイッたと勘違いしている可能性もあります。ある調査によると、実に9割以上の女性がイッたふりをしたことがあると答えているくらいです。私の周囲に軽く聞いてみても「いつもイケるわけじゃない」という人がほとんどです。
女性はその日の体調や、セックスの最中のメンタルな刺激によってオーガズムが左右されてしまうという敏感さを持っていると思って、にさい。そし決してオーガズム至上主義ではないということも。、無理にオーガズムを引き寄せようと激しく痛い刺激を繰り返されるくらいなら、静かに抱き合っているほうが気持ちいいと感じる生き物でもあるのです。いずれにしてもこのブックの最終目標は、草漏を克服し、愛する人と同時にセックスでイクこと。ですから女性のイキ方の特徴を知っておく必要はあります。前項で解説したように、男性と女性の性感にはちょっとした差があります。
復習すると男は点、女は面で感じるんでしたよね。この性感帯の分布の差が、男女の性感曲線の描き方にも差を生みます。
男性の快感曲線には山が一つしかありません。そのてつぺんは射精であり、そこをゴールとして一直線に昇りつめ、射精後は急斜面を滑り落ちるように快感から冷めていきます。対する女性は、小さな波をいくつも描きながら最後に大きな波が押し寄せ静かに引いていくという感じ。からだのさまざまな部位を刺激されることで、快感の山を少しずつ登っていき、挿入による刺激で最終オーガズムを迎えるのです。オーガズムの後も、しばらくはさざ波の合間に漂うがごとく余韻を堪能し、ゆるやかに快感の斜面を降りていきます。そう、女性の場合はオーガズムが1回とは限らないのです。
男性の愛し方によっては、挿入以前の愛撫で何度もオーガズムに達することが可能ですし、ここで快感の下地がつくられていると、最後に迎える最大のオーガズムに達するまでに有する時間も短くなるのです。つまり「前戯で女性をオーガズムに導く=快感の下地をつくる=短い挿入時間で女性はイク」わけです。これって早漏に悩むあなたにとって、ベストなシナリオですよね。十分に前戯を行なえば、結合は短時間でも女性はオーガズムに達します。前戯を怠って結合を焦れば、ペニスが持たなくなり女性は置いてきぼりを食ってしまうのです。
処女地のナカに指を入れたことはない

ペニスの受…体全体

挿入を焦る気持ちの裏には、早くオーガズムに達したいというあなたの性欲の先走りがありませんか?セックスや早漏克服法というと、とかくテクニック論にばかり走りがちですが、それでは問題は解決しません。セックスは究極のコミュニケーション法。カリスマAV男優の加藤鷹さんは、セックスを例えてこう言っています。
「セックスとは、パートナーと協力しあって地上100メートルの絶壁の上にある宝物の隠された洞窟へたどり着くことである」
すごく素敵な発想ですよね。お仕事でのセックスとは言え、何人もの女優さんが鷹さんを相手に指名するという理由がわかります彼はこうも言っています。
「おしゃべりするのとセックスをするのとそれほど違いはない」と。相手を受け入れ、相手を理解し自分を伝えるそれは目の前の女性を愛し、快感のありかを探り、自分のからだを使って気持ちよくさせてあげ、その反応を見て自分も同時に気持ちよくなる、それがセックスというコミュニケーションだと思うのです。
女性のからだと会話するようにコミュニケーションをとっていけば、おのずと同時にイクタイミングが掴めるようになってくるでしょう。

コンプレックスのない人間なんていない

早漏に限らず、男にしろ女にしろ自分のからだに対する多少なりのコンプレックスはあるものだ。でも、ルックスやスタイルやアソコの具合やナニの大きさが最高でも、セックスの最中に自分勝手に振る舞われたりつまらなそうな顔を見せられたりしたら、あなたは快感に浸ることができるだろうか?たとえコンプレックスや欠点があっても、相手が何を望んでいるか、どう感じているか、それをお互いに探り合いながら望みを満たしていくほうが、満足のいくセックスができるはずだ。
「好きじゃなくても体さえ良ければセックスはできる」かもしれない。でもそれはちょっと違って「好きじゃない人とセックスする状況になったとしても、しているうちに好きになっている」のだと思う。からだが合ってくるということは、自然にお互いの欲求を満たしているということ。すなわち、そこで良好なコミュニケーションが成立しているのだ。
「心が先か、からだが先か」は問題ではなく「心とからだが分離して存在する」ことはあり得ないというほうが正しいような気がするが、いかがだろう?

早漏よりも嫌われる!勘違い男5つのタイプ【克服の魔法1】も最後の項目となりました。ここまで読み進められてきたあなたなら早漏が女性に嫌われる決定的な原因にはなり得ないことがおわかりいただけたと思います。もし、今あなたがパートナーとの関係がギクシャクしていたり、相手と初めてのセックスをする際にいつも失敗してしまうと感じているなら、早漏ではなくメンタル面の問題やコミュニケーションのまずさがその原因となっている可能性があります。そこで最後のまとめとして、早漏よりも女性に嫌われる男性を5つのタイプに分けて解説しておきましょう。

自称テクニシャン男

このブックの読者とは対極にいる存在かもしれませんが、あなたが早漏を克服した暁に、このタイプのような勘違いをしないように頭に入れておいてください。

風俗嬢の乳首に見立てて唇を尖処女地のナカに指を入れたことはない

処女地のナカに指を入れたことはない

平たく言えば、自分のテクニックに絶対の自信を持ち、彼女が我慢して合わせてくれているのも知らずに、悦に入っている男性がこのカテゴリーです。特に自称テクニシャンは、激しいピストン運動や指テクと称して膝の中やクリトリスをものすごい勢いで刺激するケースが多いのですが、これは実は女性にとってはあまり気持ちいいことではありません。ちなみにある調査では、セックスの最中痛いと感じたことがある女性は5%にものぼりました。
これはアダルト·ビデオの影響を受けた男性の困った勘違いから引き起こされる現象と言えます。ただでさえ、男性は女性より力が入りやすいもの。ペニスにしろ指にしろ、自分が思っている半分の力加減や速さで出し入れするくらいで、女性にはちょうどいいのです。ちなみにセックス中の女性の口から漏れるイヤもっとと思い込んでいる男性もいまが、これも考えを改めたほうがいいでしょう。ほとんどの女性は大好きな彼のご機嫌を損ねたくなくて、あるいはムードを壊すのを恐れて、はっきりとした否定を口にしません。イヤとかイタッという言葉が漏れたり、愛撫の最中に彼女が微妙にからだをズラしたりするようなしぐさを見せたら、それはNOのサインかもしれないと思ってください。
そしてここ痛い?気持ちよくない?と確かめること。
快感が高まるとイヤイイの意味になる場合もあるので、体を重ねた回数が少なく彼女の性感帯がわからないうちは、慎重に女性のからだを扱ってくださいね。

ペニス依存型自信過剰男

何しろ太くて長いがペニスの理想像だと思っているのが世の男性陣。でも物理的に言えば、ペニスの長さはそんなに必要ありません。腔の入り口から子宮顕部(しきゅうけいぶ:指を挿入したときにコリコリとした感触のある場所)までは約7~8センチなので、個人差や刺激するための余裕を考えてもプラス1~2センチ程度あれば十分でしょう。日本人の勃起時のペニスの長さは、平均叫センチ。となれば、長さに関しては十分クリアできている人がほとんどのは腔の入り口は赤ちゃんの頭が出てくるくらいですから確かに広がるのですが、それでもあまり太くてはかえって挿入困難になります。